皮膚科

特殊レーザー

期間

医療費控除

エステと皮膚科

ニキビができやすい

避けるベき

食生活

SITEMAP

みんなでニキビ治療

背中ニキビが出来やすい体質

背中ニキビは皮膚科で治療が可能で、背中ニキビができやすい体質や
原因なども確認することができるので、繰り返してできやすい
背中のニキビを予防することもできるようになります。


背中は皮膚分泌が盛んな部位で体の中でもニキビができやすい部位です。
背中は皮脂分泌が盛んなだけではなく、衣類で覆われているので汗をかきやすく、
アクネ菌や雑菌などが繁殖しやすく、ストレスや睡眠不足などで
ホルモンバランスの乱れの影響を受けやすいです。

背中にきびの原因


また背中は自分では洗いにくく汚れを落としにくかったり、シャンプーなどの
洗い流しが残ってしまう可能性もあります。


背中ニキビを改善するにはホルモンバランスを整えるために生活習慣を改善したり、
毎日の入浴を見直す必要があります。


シャワーだけで済ましていることもありますが、シャワーだけではなく湯船につかって
温まることで毛穴が広がり、汚れや古い角質が落とすことができます。

湯船に浸かる


皮膚科での治療も大切ですが、汚れや古い角質を落とすこともニキビの予防や
改善につながるので、お風呂は湯船につかるようにします。


食生活の見直しも必要です。食事は皮膚分泌に影響するため糖分や油分などの
過剰摂取は避け、野菜やタンパク質を中心としたバランスの良い食事を摂るように心がけます。


また、ホルモンバランスを整えるために、睡眠をしっかりとるようにします。
背中にできるニキビは気づいた時には跡になっていることもあります。
背中を出すような服や水着を着る時に悩みにもなりますが、そんな場合は
自分で市販薬でケアするよりも皮膚科を受診して治療をします。


受けられる治療は、抗生剤やビタミンB2などの内服薬や塗り薬、面皰圧出、
ピーリング、レーザーや光治療、イオン導入やホルモン治療などがあります。


保険適用になる治療は内服薬や塗り薬、面皰圧出です。
ニキビ跡になってしまった場合には保険適用外ですが、ピーリングや
レーザーなどでの治療となることが多いです。


背中ニキビは市販の薬では殺菌できない場合があり、病院で抗生剤などを
処方してもらうことが必要です。


背中にニキビができていることに気づかず、気づいた時には跡になっていることも
多いため、背中にできないように体質や原因を見極めたり、皮膚科で原因などを
確認することで予防することも良い方法です。