皮膚科

特殊レーザー

期間

医療費控除

エステと皮膚科

ニキビができやすい

避けるベき

食生活

SITEMAP

みんなでニキビ治療

皮膚科でのニキビ治療中に避けるべき行動

ニキビは個人で治そうとするのではなく、皮膚科で症状を確認してもらい
適切な治療を受けることが大事であると言えます。

ニキビ治療はニキビの程度によって内容が異なります。
初期の段階であれば面皰圧出で毛穴に詰まっている皮脂を取り除く治療を行いますし、
炎症を起こしている赤ニキビであれば抗生物質を処方されることもあります。

医師の診断

薬を処方されたからと言ってすぐに効果が現れるとは限らないので、
医師の指示を守ることが大事なことであると言えます。

ニキビ治療中には塗り薬をニキビに塗ることもあります。

そのときはいいのですが、それ以外のときにニキビを触らないことが大事です。
手には目には見えないさまざまな菌類が付着していてニキビを触ることにより、
それがニキビにも付着します。

それにより症状が悪化する可能性があるからです。

また、一度処方された薬は医師からの指示がある場合は別として、
使い切ること、飲み切ることです。特に赤ニキビの状態では
炎症を抑えるために抗生物質が使用されることもあります。

その場合、薬を飲む時間などを守ることがポイントです。

時間を守る

肌のトラブルなので早く治ってほしいと焦ってしまいますが、
しっかり治すために症状が改善してきても指示があれば続けること、
つまり自己判断でやめないことが大事です。

ニキビは肌の毛穴に皮脂が詰まることが原因で発生します。

注意点は既にできているニキビを治すとともに、ニキビができにくい肌にするということです。

ニキビができるということは肌のバリア機能が低下しています。
つまり、肌のターンオーバーがうまく行われていない状態です。

ターンオーバーがうまく行われない原因にはさまざまなものがありますが、
生活習慣の乱れもあります。

つまりニキビ治療中に避けるべき行動として、不規則な生活が挙げられます。
規則正しい生活習慣を身につけることで肌のターンオーバーを正常化して、
ニキビができにくい肌にすることが再発防止において大事です。