皮膚科

特殊レーザー

期間

医療費控除

エステと皮膚科

ニキビができやすい

避けるベき

SITEMAP

みんなでニキビ治療

皮膚科でおこなうにきび治療 背中にきびができてしまう理由

にきびは誰もが経験する症状です。特に思春期には多くの人がこの症状に悩まされます。

ただ、にきびができたからといって病院を受診する人はそんなに多くありません。
ほとんどの人は市販の薬を利用するか、そのまま放置してしまうかのどちらかです。


しかし、じつはにきびは尋常性ざ瘡という皮膚の病気です。
放っておけば炎症がひろがり、膿がたまる状態になってしまいます。


どうすれば防げる?にきびの基礎知識


ニキビの治療方法は進化していて、本人の状態に合わせた治療を受けることができます。
そもそも、ニキビという言葉に対して不思議に感じてしまうこともあるのではないでしょうか。


語源はいくつかの諸説がありますが、その中には皮膚にできてしまう赤色のキビという説もあります。


赤い色の意味を持つとされる丹と黍を合わせてニキビという
語源になったとも言われているのですが、実際には明確化されていません。

ニキビは出来てしまってから治療することも可能ですが、未然に防ぐ行動も欠かせません。
基礎知識の中居はアクネ菌をあげることができ、毛穴が詰まってしまうことで、
その内部にアクネ菌が増殖してしまうというものです。

嫌気性菌に含まれていて、この菌は酵素が少ない場所で増殖することも
分かっているので、ニキビを防ぐ方法では、肌を常に綺麗に保つことが何よりです。
洗顔をすることは勿論のこと、その後のスキンケアをしっかりと行うこと、
汗をかいてしまった際には柔らかいタオルで優しく顔を拭くことなどが効果的です。

食事にも注意したい内容はあります。あまりに油脂成分の多いものを
沢山食べてしまうと、ニキビは出来やすくなります。

スナック菓子の中にも油を使っているものが多いので、特に思春期の方であれば
意識しながら食べるものを選ぶと予防につなげることができます。


自分で管理し切れなくなったら皮膚科へ相談



にきび痕が残ってしまうこともありますので、症状が重くなる前に
早めに皮膚科でnikibi tiryouを受ける必要がります。

皮膚科でのにきび治療は塗り薬と飲み薬の服用からなります。
ただし症状の軽重等により塗り薬のみで治療する場合もあります。

にきび治療といえば塗り薬をイメージする人も多いでしょうが、
にきびは菌の増殖やホルモンバランスの乱れなどによって引き起こされるものであり、
それらに対処するため抗生物質などを服用する必要性があるのです。

ニキビ跡のあるお肌でも、古いお肌の角質をピーリングすることで、ニキビ跡がなくなります。

また、医療機関によっては漢方薬をにきび治療に取り入れているところもあります。