皮膚科

特殊レーザー

期間

医療費控除

エステと皮膚科

SITEMAP

みんなでニキビ治療

Special Care

にきび治療は意外と高額です。

にきび治療は長期にわたります。
それに単に炎症を治すだけでなく、できれば跡を残したくないとか、できてしまったにきび跡を治したいともなると、保険適用外の治療が必要となってくるためです。

保険調剤

皮膚科などで行われる保険内のにきび治療は面ぽう圧出や抗生剤、ホルモン剤、ビタミン剤、漢方薬や抗菌剤硫黄カンフルローションローション、抗炎症クリームなどが一般です。
実はこれだけで治る人は実はまれです。そのため、それ以外のケミカルピーリングやフォトフェイシャルなどを行って直していきます。
ただ、これらは美容医療とされているので、基本的に医療費控除の対象とはなりません。ただ、医師がにきび治療で行った医療行為ということが認められれば、控除が受けられる可能性もあります。

美容医療

ただ、美容医療なので認められる確率は非常に低いというのが現実ですが、可能性はゼロではないので、領収書などはきちんととっておくのがベターです。