皮膚科

特殊レーザー

期間

医療費控除

エステと皮膚科

SITEMAP

みんなでニキビ治療

Special Care

にきびは誰もが経験する症状です。特に思春期には多くの人がこの症状に悩まされます。

ただにきびができたからといって病院を受診する人はそんなに多くありません。
ほとんどの人は市販の薬を利用するか、そのまま放置してしまうかのどちらかです。

しかし、じつはにきびは尋常性ざ瘡という皮膚の病気です。放っておけば炎症がひろがり、膿がたまる状態になってしまいます。
にきび痕が残ってしまうこともありますので、症状が重くなる前に早めに皮膚科でにきび治療を受ける必要がります。

皮膚科でのにきび治療は塗り薬と飲み薬の服用からなります。
ただし症状の軽重等により塗り薬のみで治療する場合もあります。
にきび治療といえば塗り薬をイメージする人も多いでしょうが、にきびは菌の増殖やホルモンバランスの乱れなどによって引き起こされるものであり、それらに対処するため抗生物質などを服用する必要性があるのです。

また医療機関によっては漢方薬をにきび治療に取り入れているところもあります。